福利厚生倶楽部でいくJTBツアーフランスパリの旅<エッフェル塔&凱旋門の撮影スポット>

フランス旅行記 第2回目!

今回は定番スポットであるエッフェル塔凱旋門
撮影ベストスポットをMAPと写真と共にご紹介いたします。

エッフェル塔フォトジェニックスポット

上から順番に、地図にあるスポットにて撮影した写真を並べています。

上段から順番に、地図にある6つポイントで、撮影した写真を並べています。

 

エッフェル塔と肩を並べて撮影!

オススメスポットは、シャイヨー宮の階段下!

手すり部分に座って撮影すると、エッフェル塔と肩を並べているようなアングルに。

ただ、この手すり結構高さがあるので、背が低い方は自力で座ることが難しいかも。
身長150cmの私は、抱っこして座らせてもらいましたw

 

 

階段を降りて、花壇を抜けて進むと、イエナ橋という橋が見えてきます。

イエナ橋の手前のメリーゴーランド(A)と一緒に撮ると、インスタ映えな可愛い写真が撮影できます!
下段の左の写真がこちらのスポットで撮影した写真です。

 

橋を渡った後にもメリーゴーランド(B)がありますが、手前のメリーゴーランド(A)で撮った方が綺麗な構図で撮影できますので、(A)の方がおすすめ。

 

エッフェル塔真下をくぐると、シャンドマルス公園に到着します。

芝生に寝転がったりしながら撮影することができるので、こちらの公園でも可愛い写真が撮れること間違いなし!

 

シャイヨー宮〜シャンドマルス公園

 

シャイヨー宮からシャンドマルス公園に向かって歩けば、上記の撮影スポットを全て網羅できますので、お時間に余裕のある方はこのルートで進むのがオススメ。

このコースで撮影しながらだと、トータルで1時間半ほど見ておいたほうがよいでしょう。

 

ただし日の時間に注意

 

午前スタートの場合だと、お日様の関係でシャイヨー宮からの景色が逆光となってしまいます。

逆の順番で、シャン・ド・マルス公園からシャイヨー宮の順に回ると良いでしょう。

 

スリにご注意を

 

主要観光スポットであるエッフェル塔は、強引な物売りやスリが本当に多いです!

写真を撮影する際は、バッグなど十分に気をつけて!

 

シャイヨー宮の最寄駅は、Trocadéro(トロカデロ)

【 最寄り駅「Trocadéro(トロカデロ)駅」1Sortie(1番出口), 6Sortie(6番出口)】を出てすぐ。

 

 

凱旋門フォトジェニックスポット

凱旋門は2つのスポットをおさえておく!

地下通路でつながっているのでアクセスも楽チンの、下記2スポット!

  • 真下(地下通路出口を出たところ)
  • シャンゼリゼ通り(横断歩道)

オススメスポットは、シャンゼリゼ通りの横断歩道!

センターに凱旋門がドドーンとくる、パリに来たぜ!!って感じの写真が撮影できます。
交通量の多い道路なので車に気をつけましょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

【 #エトワール凱旋門 】 1836年に建てられたそう!今から183年も前😮 そもそも、「凱旋 = 戦いに勝って帰ること」という言葉の意味をパリに来て知った私・・・orz 建設に30年もかかったらしいけど、もうそんなん戦争勝利の嬉しい気持ち薄れてるんちゃうん(笑) 建設を命じたナポレオンは、1840年にパリに改葬された時はじめて凱旋門をくぐったそうです。 #アンヴァリッド のお墓は、実はナポレオンじゃないという説があって、実はイギリス🇬🇧に埋葬されているとか、色々噂があるそう。 DNA鑑定すれば一発でわかるらしいけど、 フランス政府と、ナポレオンの子孫は拒絶してるらしい🤫 ナイトツアーで、#アンヴァリッド の前を通った時にガイドさんから聞いた話。 #paris #エッフェル塔 #travel #海外旅行好きな人と繋がりたい #ベルサイユ宮殿 #instalike #instagood #旅スタグラム #traveltheworld #traveltheplanet #bethelight #凱旋門 #エトワール凱旋門 #歴史 #ナポレオン #Napoléon #NapoléonBonaparte #フランス革命 #コルシカ島 #ナポレオンボナパルト

𝗛𝗮𝗿𝘂 ハル | 𝗗𝗲𝘀𝗶𝗴𝗻𝗲𝗿(@haru_helloco)がシェアした投稿 –

ちなみに、凱旋門を囲むドーナツ状の道路は横断できませんので、
真下へ行くには、地下鉄の通路を使っください。

 

真下へ出る地下通路出口には、凱旋門のチケット売り場があります。

これは凱旋門の中に入る為のチケットなので、写真だけ撮りたいよ〜という方は
列を無視して出口への階段を登ってください。

 

凱旋門を真下から覗き込むとこんな感じ。

ドーン!!ド迫力!
このちょうど真下には、お花に囲まれた記念碑があります。
第一次大戦で亡くなった戦士たちが眠っているそうです。

 

 

凱旋門へ入場すると、展望台からはパリの街を一望できます。

夜景だとなおフォトジェニック!↓ ↓ ↓

凱旋門の最寄駅は、Charles de Gaulle – Étoile –

シャンゼリゼの横断歩道は、
【 最寄り駅「Charles de Gaulle – Étoile – 」1Sortie(一番出口)

シャンゼリゼ通りなので、「Élysées」と書かれた出口です。

 

凱旋門の真下は、地下通路で「Arc de Triomphe(凱旋門)」と表記のある場所を目指してください。

 

夜景とともに撮影したい方はツアーがおすすめ

ライトで灯されたパリの夜景は、本当に綺麗です。

エッフェル塔は、毎日、日没後の毎時0分から5分間「シャンパンフラッシュ✨🍾」と呼ばれる
キラキラ輝くイルミネーションをおこなっています。

 

ちなみに、深夜1時の5分が最終なのですが、最後だけ白い光の特別バージョンに変わります。

 

 

凱旋門も昼の姿と違ってカッコいいです。

EMIトラベル パリの夜景イルミネーションツアー

女性の一人旅や、夜出歩くのが心配だ・・・という方はバスツアーがおすすめ。

私が参加したツアーはこちらです。

パリの夜景イルミネーションツアー【パリ市内ホテルお送り付き】

パリの夜景イルミネーションツアー【パリ市内ホテルお送り付き】★2020年10月まで| オプション詳細ページ | Emi TRAVEL PARIS - エミトラベルパリ | パリ発オリジナル日本語定期観光・モンサンミッシェルツアー・パリのホテル・パリのレストラン・パリ観光
フランス旅行・パリ旅行・モンサンミッシェルツアーなら、現地ツアー企画・催行の専門会社「エミトラベル」。口コミ満足度No.1のパリ発「モンサンミシェルツアー」ではユネスコ世界遺産に登録された修道院、カトリック巡礼地としての歴史から名物オムレツや名産品のお買い物までお楽しみください。「ヴェルサイユ宮殿ツアー」ではフランス王...

 

 

オプショナルツアー最大手サイトのベルトラだと、下記になります。

22時発!パリのイルミネーションツアー <おみやげ付きプランあり/復路ホテル送迎 または 現地解散/日本語> by EMI


 

上記2つともツアー会社はEMIトラベルとなります。

巡るスポットに若干の違いがあるようで、ベルトラからだとお土産もついてくるみたいです。

 

公式サイトからの予約だと、期間限定の割引がある!

公式サイトの場合、【新婚さん割引】や、【10月限定最終値引き】みたいな感じで、
大幅に値下げしていたりするのです。

かなり安くなる可能性もあるので公式サイトは要チェックです!

 

 

ツアーバスは、大型バス。座席はゆったりふかふか。

人数はそこまで多くなかったので、一人で2シート。

各スポットをまわる最中の何もない街の風景ですら、全て目に焼き付けたくて、窓の外をずっ〜と見てました。

旦那さんは横でぐーすか寝ていました・・・w

 

イルミネーションツアーで巡る観光地

公式サイトから予約した場合は、この順でまわりました。
(時期によって変更があるようなので、詳しくはEMIトラベルにお問い合わせください。)

シャンゼリゼ大通りと凱旋門(下車/フォトタイム)
●シャイヨー宮
エッフェル塔(下車/フォトタイム)
●ノートルダム大聖堂・コンシェルジュリー
●ルーヴル美術館
●コンコルド広場
アレクサンドル3世橋(下車/フォトタイム)
●陸軍士官学校アンヴァリッド
●オペラ座・トリニテ協会

 

下車フォトタイム以外は、バスの中から観覧です。

クリスマス時期だと、特別ライトアップもあるようです 。

解散は夜の11〜12時なので、ほとんどの方がホテルまで送迎付きでした。

 

 

エッフェル塔や凱旋門の主要観光地以外にも、
パリの街はフォトジェニックなスポットが山ほどあります!

できるだけ効率的に、沢山素敵な写真が撮れるようにと記事を綴りました。

パリへご旅行の際は、ぜひご参考ください 🙂

 

 

コメント